フォト
無料ブログはココログ

« 勤労青少年ホームでの健康講座 | トップページ | 竹内流柔術 »

2018年3月22日 (木)

体調トレーニング

「体調トレーニング」、私は、身体の調子を整えるトレーニングという意味と捉えて、太極拳などの運動を表現するのに良い言葉と思っています。

この言葉は、正木健雄著、岩波ジュニア新書「いきいき体調トレーニング」のタイトルで使われた以外では、お目にかかったことがありません。この本の中でも「体調トレーニング」という文言は無く、ことばの意味は定義されていないようです。

 

この本には、若い人向けに、いきいきと毎日を過ごし、多角的に発達するためのメソッドを紹介されています。
絶版になっているようですが、岩波書店のHPには次のように内容が紹介されています。


 若い人たちの体に,いま大きな問題があります.日本では1964年からずっと若者たちの体力・運動能力のデータをとりつづけているので,現在の事情がはっきり見えてくるのです.それによると,腰の力と柔軟性が低下の一途をたどり,別の調査では体温調節ができにくくなっているのです.暮らし方のほうでは,情報機器や電気製品の普及によって,生活が夜型になり,動くことが少なくなり,体のリズムがつくりにくくなっています. そんな実情をふまえて,体と心をいきいきとはたらかせながら毎日を送るには,どんな生活をこころがけ,どんなトレーニングをしたらいいのでしょうか.著者の正木先生は45年間も,子どもや若者の体の変化に注目して,若い世代がいきいきと活動できるための体づくり,体調コントロールの考え方と方法を研究してきました. 本書には,その成果が存分にもりこまれています.その中から,自分に合った,体調をととのえ,体を発達させる方法を見つけて,毎日の生活にとりいれてほしいと思います.自分の体の課題は,自分ではっきりとさせて,いきいき成長していきたいものです.

« 勤労青少年ホームでの健康講座 | トップページ | 竹内流柔術 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567361/66526200

この記事へのトラックバック一覧です: 体調トレーニング:

« 勤労青少年ホームでの健康講座 | トップページ | 竹内流柔術 »